• 最大
  • 標準
文字サイズ:
  • HOME
  • 小児歯科・矯正歯科

小児歯科・矯正歯科

小児歯科・矯正歯科について

小児歯科

清水歯科医院の小児の治療方針

基本的に緊急性のある場合以外は押さえつけての治療は行いません。本人が自らの意思で口を開け治療を乗り越えていこうという気持ちを育てます。

1.歯科治療が初めての小さなお子様にはマイルドな治療から始めて徐々に本格的な治療に移ります。
2.虫歯の予防治療や、ブラッシング指導に力を入れています。歯列不正にも積極的に取り組みます。
3.お子様の正しい歯列の育成を目指して噛合の指導管理を行います。

シーラントで虫歯予防

シーラントとは、アクリル樹脂やセメントの一種を歯の溝に接着させる事で虫歯の原因であるバクテリアから守る治療方法です。永久歯が生えたら出来るだけ早いうちにシーラントで処置する事が望ましいとされていて、虫歯予防の有効な手段です。

簡単に言うと奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防しようという方法です。シーラントの方法は非常に単純で、シーラントをする歯の溝をきれいにし、そこにレジンを貼り付けるだけです。レジンというのは、軽い虫歯の治療の時につめるあの白いものです。

要は、シーラント処理をする歯に虫歯で削ったところと同じ処理をするだけですね。とはいえ、シーラントするときに歯を削るわけではありませんから心配はありません。シーラントのために何度も歯医者さんに通う必要はなく、大体が1回で済みます。

フッ素塗布

歯にフッ素を塗り、膜を作ることによって虫歯から歯を守るという方法です。フッ素コート、またはフッ素塗布と呼んでいます。ある程度成長した永久歯の場合は、歯の表面がしっかりしているのでフッ素塗布をする必要は少ないですが、子供の歯は虫歯になりやすいので、このフッ素塗布が虫歯予防に大きく役立ちます。

最近の歯磨き剤は、ほとんどにフッ素が入っています。歯医者で行うフッ素塗布は、市販の歯磨き剤に比べ含まれるフッ素より濃度が高いです。そのため安全性の観点から、医療機関で行う方法となります。一回フッ素塗布をしたらそれでおしまいではなく、数カ月おきに何度も繰り返しフッ素塗布をすることによって虫歯予防の効果も高まると言われています。

矯正歯科

矯正を必要とする歯列は前歯が出ている、または、歯並びが悪いなど様々ですが、当医院の矯正は、できるだけシンプルな装置での治療を心がけます。

成人矯正

出っ歯・受け口・乱ぐい歯などの歯並びを整えます。歯並びを美しく整えることは大人になってからでも間に合います。簡単な診査及び矯正相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

小児矯正

小児の矯正には、咬合誘導という治療法があります。歯を抜かず、顎を拡大したり、歯並びを改善し、お口の健康や表情の回復をする治療法です。お子様の本来持っている成長の力を、可能な限り発揮できるお手伝いすることです。短期間で終了するため、お子様の負担も最小限になります。

患者様の症状に合わせ、その他の矯正治療法のご相談も受付けております。お気軽にご相談下さい。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る